アロマ精油[樹脂系] : アロマはじめの一歩!アロマテラピーリンク集

アロマ精油[樹脂系]

フランキンセンス

フランキンセンス
学名:Boswelliacarterii
科名:カンラン科
抽出する部位:樹皮

香り:
甘くウッディーでわずかにレモン的なにおいがあるスパイシーな、一度かぐと忘れられない香

体に対する働き:
喘息、せき、気管支炎、咽頭炎などの粘膜の症状を和らげます。
利尿作用があります。(膀胱炎、腎炎)
子宮の強壮剤になります。

肌に対する働き:
皮膚の若々しさを保つことで有名です。
皮脂分泌のバランスをよくします。
皮膚の強壮剤で、虫刺され、やけどなどの傷の治りを早めるのに役立ちます。

心に対する働き:
平静な感情をおこさせ、呼吸を落着かせてくれます。
心に元気を与え、心を和ませます。
不安な心理状態、強迫観念にとりつかれた心理状態を平常に戻します。

相性のよい精油:
オレンジ、グレープフルーツ、サンダルウッド、ゼラニウム、ラベンダー

ミルラ

ミルラ
学名:Commiphoramyrrha
科名:カンラン科
抽出する部位:幹と枝

香り:
甘く爽やかな、かるく麝香を思わせる香り

体に対する働き:
呼吸器系の症状を和らげます。(気管支炎、咽頭炎)
抗菌作用があるので、口の中の不調に役立ちます。(歯肉炎、口臭)

肌に対する働き:
肌の炎症を鎮める働きがあります。(あかぎれ、床ずれ)

心に対する働き:
気力が衰えたと感じたり、無気力になった時に、心を明るく高める作用があります。

相性のよい精油:
クローブ、サンダルウッド、フランキンセンス、ラベンダー

注意事項:
妊娠中は避けましょう。


【チェック☆】ミルラの精油を写真で見てみる

ガルバナム

ガルバナム
学名:Ferula galbaniflua
科名:セリ科
抽出する部位:樹皮

香り:
湿った森林地と土臭さのスパイシーな香り

体に対する働き:
慢性的な症状全般に役立ちます。
痰やせき、気道に対しての不調を改善します。
月経時の不調や、更年期の症状に役立ちます。

肌に対する働き:
老化した肌をやわらかくします。

心に対する働き:
不安定な感情を鎮め、心を落着かせ、緊張を和らげます。

相性のよい精油:
イランイラン、エレミ、シトロネラ、ジャスミン、ジンジャー、ゼラニウム、タンジェティーズ、
パルマローザ、フランキンセンス

注意事項:
妊娠中は避けましょう。
敏感肌には刺激をおよぼすことがあります。

シストローズ

シストローズ
学名:Cistus ladanifer
科名:ハンニチバナ科
抽出する部位:樹脂

香り:
甘く強い香り

体に対する働き:
風邪や気管支炎の炎症を和らげます。

肌に対する働き:
にきびやシワの回復を促進します。

心に対する働き:
自律神経のバランスをとり、緊張をほぐします。

相性のよい精油:
クラリセージ、ラベンダー

バルサム

バルサム
学名:Myroxylon balsamum
科名:マメ科
抽出する部位:樹脂

香り:
甘い香り

体に対する働き:
呼吸器系の炎症を鎮めます。

肌に対する働き:
湿疹やすり傷などの治りを促します。

心に対する働き:
緊張を和らげ、ストレスを解消させてくれます。

相性のよい精油:
イランイラン、シダーウッド、シナモン、ジャスミン、バニラ、ラベンダー

注意事項:
妊娠中は避けましょう。
刺激をおよぼすことがあります。

ベンゾイン

ベンゾイン
学名:Styrax benzoe
科名:エゴノキ科
抽出する部位:樹脂

香り:
甘いバニラのような香り

体に対する働き:
心臓を温め、循環を促して体を健康に保ちます。
呼吸器系の不調を緩和します。

肌に対する働き:
乾燥肌にハリを取り戻します。

心に対する働き:
緊張やストレスを緩和し、気持ちを明るくさせます。

相性のよい精油:
オレンジ、コリアンダー、サイプレス、サンダルウッド、ジュニパー、プチグレン、
ベルガモット、ラベンダー、レモン

注意事項:
眠気を誘うので、集中したいときは避けてください。

このカテゴリーをはてなブックマークする このカテゴリーをクリップ! del.icio.usに追加 Buzzurlにブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 edit

 

CmsAgentTemplate1006-1013 ver1.0