アロマ精油[樹木系] : アロマはじめの一歩!アロマテラピーリンク集

アロマ精油[樹木系]

サイプレス

サイプレス
学名:Cupressussempervirens
科名:ヒノキ科
抽出する部位:葉と球果

香り:
スパイシーで、すっきりとしたリフレッシュさせる香り

体に対する働き:
風邪や喘息による咳を和らげてくれます。
ホルモンのバランスを整えます。(更年期)
足の疲れやむくみ、セルライトにも有効です。

肌に対する働き:
体液のバランスを整え、肌の衰えを防ぎ、脂性肌の改善に役立ちます。

心に対する働き:
鎮静作用があり、イライラしがちな人には怒りを和らげ、精神安定に有効です。
精神を浄化し心を閉ざしている障害物を取り除いてくれます。

相性のよい精油:
オレンジ、サンダルウッド、ジュニパー、ラベンダー、レモン、ローズマリー

注意事項:
妊娠中はさけましょう。
静脈瘤へのマッサージは優しくしてください。

シダーウッド

シダーウッド
学名:Juniperusvirginiana
科名:ヒノキ科
抽出する部位:木部

香り:
ウッディーで、オリエンタル調のドライな香り。

体に対する働き:
体のバランスの回復を助けます。
去痰作用、気管支炎、せき、カタルの症状を緩和します。

肌に対する働き:
にきび、皮膚炎、脂性肌、ふけ、脱毛症に効果を発揮します。

心に対する働き:
神経が緊張、不安など緩和させる作用があります。
瞑想の助けになります。

相性のよい精油:
サイプレス、ジュニパー、ネロリ、ベルガモット、ラベンダー、レモン、ローズマリー

注意事項:
高濃度の使用は肌を刺激します。
妊娠中は避けましょう。

ジュニパー

ジュニパー
学名:Juniperuscommunis
科名:ヒノキ科
抽出する部位:樹果

香り:
かるくウッディーで、シャープでピリっとしたリフレッシュさせる香り

体に対する働き:
利尿作用があり、アルコール飲料の飲みすぎや、こってりした食物をとりすぎたときの毒素物質を排出するのに役立ちます。
食欲を正常化し、ダイエットにも役立ちます。
リウマチや痛風の痛みを和らげます。
セルライトを緩和します。

肌に対する働き:
収斂作用と洗浄効果があり、にきび、脂性肌、毛孔のつまり、皮膚炎などに役立ちます。

心に対する働き:
ものごとにチャレンジできる状態に保ちます。
他人を助ける職業についてる人にとっても役立ちます。

相性のよい精油:
オレンジ、グレープフルーツ、サイプレス、サンダルウッド、ゼラニウム、ベルガモット、レモングラス、ローズマリー

注意事項:
長期で使用すると腎臓を過度に刺激する可能性があります。

ティートリー

ティートリー
学名:Melaleucaalternifolia
科名:フトモモ科
抽出する部位:葉

香り:
スパイシーで清潔な感じの、やや鋭い香り

体に対する働き:
強力な殺菌作用をもち、体内から毒素を排出します。
免疫力を強化し感染症を追い払ってくれます。
殺菌消毒力(流感、口辺ヘルペス、カタル、歯肉炎)

肌に対する働き:
おでき、やけど、ただれ、日焼けのしすぎ、いぼ、たむし、水虫に有効です。
足の悪臭に役立ちます。

心に対する働き:
ショックを受けたときに心をリフレッシュさせ、よみがえらせる力があります。

相性のよい精油:
オレンジ、クローブ、サイプレス、マンダリン、ユーカリ、ラベンダー、レモン、ローズマリー

注意事項:
皮膚の敏感な部分で刺激をおこすこともあります。

プチグレン

プチグレン
学名:Citrusbigardia
科名:ミカン科
抽出する部位:葉

香り:
ウッディー調とフローラル調とがかわるがわる感じられる、フレッシュな香り

体に対する働き:
不眠症や時差ボケなどからくる疲労感に役立ちます。

肌に対する働き:
皮膚を強壮(にきび、吹き出物)
デオドラント効果があります。

心に対する働き:
怒りとパニックを鎮め、感情が落ち込んでいるときに自信をもたせ、心をリフレッシュしてくれます。

相性のよい精油:
イランイラン、オレンジ、サンダルウッド、シダーウッド、ゼラニウム、ネロリ、パルマローザ、ベルガモット、ラベンダー、ローズウッド、ローズマリー

ユーカリ

ユーカリ
学名:Eucalyptusglobulus
科名:フトモモ科
抽出する部位:葉

香り:
ミント系のシャープなクリアで鋭い、しみとおるような香り

体に対する働き:
抗炎症作用と抗ウイルス作用があるので、のどの痛み、喘息、鼻づまりに有効です。
花粉症には特に役立ちます。

肌に対する働き:
消毒作用があるので、虫刺され、やけど、水虫などを改善します。

心に対する働き:
気持ちをすっきりと引き締め、情緒にたいして冷却作用を示します。
頭脳を明晰にし集中力を高めます。

相性のよい精油:
ジュニパー、ラベンダー、レモン、レモングラス

注意事項:
刺激的で強力なので、使用量に注意してください。
高血圧やてんかんの人は使用を避けましょう。


【チェック☆】ユーカリの精油を写真で見てみる

ローズウッド

ローズウッド
学名:Anibarosaeodora
科名:クスノキ科
抽出する部位:木部

香り:
ウッディーで、かるくスパイシーなあまい香り

体に対する働き:
頭痛や吐き気の症状を軽くする力があります。
性的能力の衰えにも有効です。(インポテンツ、冷感症)
殺菌、消毒作用で、喉の炎症を鎮める働きがあります。

肌に対する働き:
組織を新しくする働きで、切り傷や炎症に有効です。
老化した肌や、シワの改善に役立ちます。

心に対する働き:
気分がめいったとき、精神的につかれきったとき、さまざまな問題をかかえこみすぎたときに役立ちます。
気持ちを明るく高揚させ、元気づけてくれます。

相性のよい精油:
サンダルウッド、シダーウッド、ゼラニウム、フランキンセンス、パルマローザ、プチグレン、ローズマリー

イニュラ

イニュラ
学名:Inura graveolens
科名:キク科
抽出する部位:花と葉

香り:
ほのかに甘く刺激のある香り

体に対する働き:
風邪からくる頭痛や、耳痛、喉痛などの痛みを和らげます。
苦しい鼻づまりを楽にし、呼吸をしやすくします。

肌に対する働き:
肌の炎症に役立ちます。

心に対する働き:
イライラする気持ちを和らげます。

注意事項:
妊娠中は避けましょう。
刺激をおよぼすことがあります。

カユプテ

カユプテ
学名:Melaleuca leucadendron
科名:フトモモ科
抽出する部位:葉と小枝

香り:
フルーツのような甘い、ハーブ調の香り

体に対する働き:
風邪、気管支炎、咽頭炎のような感染症の症状を和らげます。
膀胱炎と尿道炎の症状に役立ちます。

肌に対する働き:
にきび、やけど、切り傷の治りを促します。

心に対する働き:
気分を明るく、やる気をださせてくれます。

相性のよい精油:
アンジェリカ、イモーテル、カルダモン、クローブ、サイプレス、タイム、ニアウリ、ベルガモット、
ラベンダー、ローズ、ローズマリー

注意事項:
敏感肌には刺激をおよぼすことがあります。

カンファー

カンファー
学名:Chinnamomum camphora
科名:クスノキ科
抽出する部位:木部

香り:
フレッシュでシャープな清潔感のある香り

体に対する働き:
消火器系や泌尿器系に対して鎮静作用を発揮します。
筋肉のコリや痛みに役立ちます。

肌に対する働き:
炎症、にきび、やけどに有効です。

心に対する働き:
心身症や神経症に役立ちます。

相性のよい精油:
カモミール、カユプテ、バジル、メリッサ、ラベンダー

注意事項:
妊娠中は避けましょう。
刺激が強い為、吐き気をもよおすことがあります。
ブラウンカンファー、ブルーカンファーは使用しないで下さい。

コパイバ

コパイバ
学名:Copaifera officinalis
科名:マメ科
抽出する部位:樹液

香り:
甘みのある森林の香り

体に対する働き:
気管支炎や喘息の症状に役立ちます。
鼻炎や、花粉症などの症状を改善します。

肌に対する働き:
肌を若々若々しく保つのに役立ちます。

心に対する働き:
ストレスや、多忙で疲労がたまった時に、リフレッシュさせてくれます。

相性のよい精油:
サイプレス、シダーウッド、ティートリー、プチグレン、マートル、ユーカリ、ローズウッド

注意事項:
敏感肌には刺激をおよぼすことがあります。

シベリアモミ

シベリアモミ
学名:Abies sibirica ledeb
科名:マツ科
抽出する部位:球果

香り:
すがすがしく甘い香り

体に対する働き:
風邪や喘息、感染症などの予防に役立ちます。

心に対する働き:
苛立つ感情を安定させ、リフレッシュさせてくれます。

相性のよい精油:
カンファー、シダーウッド、フランキンセンス、ラベンダー、ローズウッド

注意事項:
刺激をおよぼすことがあります。

ニアウリ

ニアウリ
学名:Melaleuca viridiflora
科名:フトモモ科
抽出する部位:葉

香り:
クリアでしみとおるような、刺激のある香り

体に対する働き:
感染症と闘うのを助けます。
呼吸器系の炎症に役立ちます。

肌に対する働き:
にきび、やけど、切り傷に役立ちます。

心に対する働き:
元気を回復させます。
集中力を高めます。

相性のよい精油:
オレンジ、ガルバナム、コリアンダー、ジュニパー、パイン、フェンネル、ペパーミント、
マートル、ライム、ラベンダー、レモン、ローズマリー

注意事項:
妊娠中は避けましょう。

バーチ

バーチ
学名:Betula alleghaniensis
科名:カバノキ科
抽出する部位:樹皮

香り:
殺菌消毒剤を思わせるような香り

体に対する働き:
利尿作用があるので、体内の毒素排出を助けます。

肌に対する働き:
湿疹の治りを促します。

心に対する働き:
弱くなった心を元気付づけてくれます。

相性のよい精油:
カモミール、ジンジャー、ラベンダー、レモン

注意事項:
刺激をおよぼすことがあります。

パイン

パイン
学名:Pinus sylbestris
科名:マツ科
抽出する部位:針葉と球果

香り:
フレッシュな森林の香り

体に対する働き:
気管支炎、喉頭炎、鼻づまりに役立ちます。
筋肉痛やコリを和らげます。

肌に対する働き:
切り傷や、皮膚の炎症に役立ちます。

心に対する働き:
精神的に落ち込んだり、疲れた心をリフレッシュさせてくれます。

相性のよい精油:
クローブ、サイプレス、タイム、ニアウリ、ユーカリ、ラベンダー、ローズマリー

注意事項:
刺激をおよぼすことがあります。

ヒノキ

ヒノキ
学名:Chamaecyparis obtuse
科名:ヒノキ科
抽出する部位:心材

香り:
森林の香り

体に対する働き:
疲労回復に役立ちます。

心に対する働き:
精神を安定させ、リラックスできます。

相性のよい精油:
サンダルウッド、シダーウッド、ラベンダー

注意事項:
妊娠中は避けましょう。
刺激をおよぼすことがあります。

ヒバ

ヒバ
学名:Taujopsis dolabrate
科名:ヒノキ科
抽出する部位:枝葉

香り:
フレッシュな香り

肌に対する働き:
保湿作用で肌をしっとりさせてくれます。

心に対する働き:
不眠症を改善します。

相性のよい精油:
クローブ、サイプレス、セージ、ローズウッド、ローレル

注意事項:
妊娠中は避けましょう。
刺激をおよぼすことがあります。

ブルーサイプレス

ブルーサイプレス
学名:Callitris intratropica
科名:ヒノキ科
抽出する部位:樹皮

香り:
甘く東洋的な香り

体に対する働き:
喉の痛みを鎮めます。

肌に対する働き:
抗アレルギー作用があります。

心に対する働き:
安心感を与えてくれます。

相性のよい精油:
クラリセージ、グレープフルーツ、サンダルウッド、ベルガモット、ラベンダー、レモン、
ローズマリー

マートル

マートル
学名:Myrtus communis
科名:フトモモ科
抽出する部位:葉

香り:
フレッシュで、軽く甘い香り

体に対する働き:
気管支の症状や、鼻づまりに有効です。
膀胱炎や尿道炎にも役立ちます。

肌に対する働き:
にきびやおできに役立ちます。

心に対する働き:
怒りの感情を鎮静させます。

相性のよい精油:
カルダモン、コリアンダー、タイム、ティートリー、ラベンダー、ローズマリー

注意事項:
長期の使用は注意してください。

マヌカ

マヌカ
学名:Leptospermum scoparium
科名:フトモモ科
抽出する部位:葉と枝

香り:
土のような温かみのある香り

体に対する働き:
免疫力を高めます。

心に対する働き:
ショックをうけた心をリフレッシュさせてくれます。

相性のよい精油:
クローブ、サイプレス、ゼラニウム、ジンジャー、タイム、ラベンダー、ローズマリー

注意事項:
妊娠中は避けましょう。


【チェック☆】マヌカの精油を写真でみてみる

ローズウッド

ローズウッド
学名:Aniba rosaeodora
科名:クスノキ科
抽出する部位:木部

香り:
甘く落着いたウッディーな香り

体に対する働き:
慢性的な症状に役立ちます。
頭痛を和らげます。

肌に対する働き:
老化した肌やシワに役立ちます。

心に対する働き:
体全体のバランスをとります。
精神的に疲れたときや、問題を抱えたときに元気づけてくれます。

相性のよい精油:
コリアンダー、サンダルウッド、シダーウッド、ゼラニウム、パチュリー、パルマローザ、
プチグレン、ベチバー、ローズマリー

このカテゴリーをはてなブックマークする このカテゴリーをクリップ! del.icio.usに追加 Buzzurlにブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 edit

 

CmsAgentTemplate1006-1013 ver1.0