アロマ精油[スパイス系] : アロマはじめの一歩!アロマテラピーリンク集

アロマ精油[スパイス系]

クローブ

クローブ
学名:Eugeniacaryophyllus
科名:フトモモ科
抽出する部位:花

香り:
甘味の強い刺激的なスパイシーでしみとおるような香り。

体に対する働き:
消火器系の働きを活発にします。
嘔吐、下痢、腸痙攣、消化不良、腸内寄生虫にも有効です。
痛みを和らげる特性から、歯痛、リウマチ、関節炎の痛み、緊張からくる頭痛に役立ちます。
喘息、気管支炎などの呼吸器疾患に効果的です。
強力な殺菌作用があります。

肌に対する働き:
皮膚疾患を好転させる作用があります。(ただれ)

心に対する働き:
心に積極的で刺激的な効果をもたらし、記憶力を強化し、抗うつ的気分を明るくします。

相性のよい精油:
オレンジ、グレープフルーツ、シトロネラ、ペパーミント、レモン、ローズマリー

注意事項:
きわめて刺激の強いな精油なので、皮膚炎症を起こしてしまうおそれがあるのでマッサージには不向きです。

アニスシード

アニスシード
学名:Pimpinella anisum
科名:セリ科
抽出する部位:種子

香り:
ピリっとスパイシーな、あたたかみのある香り

体に対する働き:
消化不良や、胃腸の膨満感を和らげる働きがあります。
喘息や気管支炎などの不調にも役立ちます。

肌に対する働き:
感染症の皮膚疾患に屋朽ちます。

心に対する働き:
疲れた気持ちを元気づけます。

相性のよい精油:
アミリス、カルダモン、ガルバナム、キャラウェイ、コリアンダー、シダーウッド、ディル、
フェンネル、プチグレン、マンダリン、ローズウッド、ローレル

注意事項:
妊娠中は避けましょう。
刺激をおよぼすことがあります。

オールスパイス

オールスパイス
学名:Pimenta dioica
科名:フトモモ科
抽出する部位:葉

香り:
ピリっとする中に甘さがあるさわやかな香り

体に対する働き:
風邪の症状の咳や気管支炎の症状に役立ちます。
腹痛、筋肉痛、頭痛、歯痛の痛みを和らげます。

肌に対する働き:
血行をよくするので、肌色を明るくしてくれます。

心に対する働き:
疲れた心を明るくしてくれます。

相性のよい精油:
フランキンセンス、ラベンダー、レモン、レモングラス

注意事項:
刺激をおよぼすことがあります。

カルダモン

カルダモン
学名:Elettaria cardamomum
科名:ショウガ科
抽出する部位:種子

香り:
甘くスパイシーな温かみのある香り

体に対する働き:
消化不良、食欲不振、嘔吐感などを改善します。
体の強壮作用があるので、催淫剤になるといわれています。

心に対する働き:
混乱を鎮め、気持ちを穏やかにしてくれます。
やさしく寛容な気分にし、元気づけてくれます。

相性のよい精油:
ガルバナム、コリアンダー、ジュニパー、ゼラニウム、レモン、ローズ、ローズウッド

注意事項:
敏感肌には刺激をおよぼすことがあります。

クミン

クミン
学名:Cuminum cyminum
科名:セリ科
抽出する部位:果実

香り:
スパイシーな刺激的な香り

体に対する働き:
消化不良、下痢などに役立ちます。
生殖器に有効です。
月経周期を正常化します。

心に対する働き:
疲労感や無気力に対して、気持ちを高揚させ自信をつけてくれます。

相性のよい精油:
アンジェリカ、カモミール、キャラウェイ、コリアンダー

注意事項:
妊娠中は避けましょう。
敏感肌には刺激をおよぼすことがあります。
使用後は直接日光にあたるのを避けてください。

コリアンダー

コリアンダー
学名:Coriandrum sativum
科名:セリ科
抽出する部位:種子

香り:
軽くピリッとした、甘い香り

体に対する働き:
食欲を増進させ、食べることに関する不調に役立ちます。
体内の毒素を排出するので、体全体の浄化剤になります。
リウマチ痛、関節痛、腰痛などの痛みを和らげます。

心に対する働き:
気分を高揚させ、活力を与えてくれます。

相性のよい精油:
オレンジ、ガルバナム、サイプレス、サンダルウッド、シトロネラ、ネロリ、ブラックペッパー、
ベルガモット、レモン

注意事項:
多量に使用すると麻痺を起こす可能性があるので、使用量に注意してください。

シナモン

シナモン
学名:Cinnamomum zeylanicum
科名:クスノキ科
抽出する部位:葉

香り:
スパイシーで鋭く、甘い香り

体に対する働き:
腸内の感染症を緩和させます。
月経痛を和らげます。

肌に対する働き:
マイルドな収斂作用があります。
虫刺されの痛みを緩和させます。

心に対する働き:
衰弱や、無気力な気持ちを元気づけます。

相性のよい精油:
オレンジ、カルダモン、ガルバナム、グレープフルーツ、クローブ、コリアンダー、ジンジャー、
タイム、フランキンセンス、ラベンダー、ローズマリー

注意事項:
妊娠中は避けましょう。
刺激をおよぼすことがあります。

ジンジャー

ジンジャー
学名:Zingiber officinale
科名:ショウガ科
抽出する部位:根

香り:
スパイシーでさわやかな香り

体に対する働き:
鼻水を抑える働きがあります。
吐き気、二日酔い、乗り物酔いに役立ちます。
関節炎、リウマチの苦痛を和らげます。

肌に対する働き:
挫傷、打ち身のあとの治りを助けます。

心に対する働き:
精神的に疲労したとき、元気づけてくれます。
記憶力を高めます。

相性のよい精油:
オレンジ、カルダモン、カユプテ、キャラウェイ、クローブ、シナモン、ゼラニウム、バーベナ、
マートル、ユーカリ、ライム、レモン、ローズマリー、ローレル

注意事項:
敏感肌には刺激をおよぼすことがあります。

ナツメグ

ナツメグ
学名:Myristica fragrans
科名:ニクズク科
抽出する部位:果実

香り:
麝香のような、加温性のあるスパイシーな香り

体に対する働き:
消火器系の働きを助け、食欲を増進させます。
月経を正常にし、月経痛を緩和します。

心に対する働き:
心を元気に活発にします。

相性のよい精油:
オレンジ、ガルバナム、クローブ、コリアンダー、サイプレス、シナモン、ティートリー、
ブラックペッパー、メリッサ、ライム、レモン、ローズマリー

注意事項:
妊娠中は避けましょう。
刺激をおよぼすことがあります。

バニラ

バニラ
学名:Vanilla planifolia
科名:ラン科
抽出する部位:さや

香り:
甘く穏やかな香り

心に対する働き:
甘い香りが気分を明るくさせます。

相性のよい精油:
シナモン、ティートリー、フランキンセンス、マンダリン

注意事項:
刺激をおよぼすことがあります。

ローレル

ローレル
学名:Laurus nobilis
科名:クスノキ科
抽出する部位:葉

香り:
甘くスパイシーな香り

体に対する働き:
消火器系に役立ち、胃の痛みを和らげます。
リウマチや関節の痛みを和らげます。

肌に対する働き:
髪の毛の成長を促し、フケを抑えます。

心に対する働き:
情緒を安定させます。

相性のよい精油:
イランイラン、オレンジ、コリアンダー、シダーウッド、ジンジャー、ジュニパー、タイム、
マージョラム、ユーカリ、ラベンダー、ローズマリー

注意事項:
妊娠中は避けましょう。
刺激をおよぼすことがあります。

ロベージ

ロベージ
学名:Levisticum officinale
科名:セリ科
抽出する部位:根

香り:
やや甘くウッディな香り

体に対する働き:
消化の促進に役立ちます。

心に対する働き:
気持ちを安定させます。

相性のよい精油:
ガルバナム、カーネーション、ラバンジン、ローレル、ローズ

注意事項:
長期の使用は避けてください。

このカテゴリーをはてなブックマークする このカテゴリーをクリップ! del.icio.usに追加 Buzzurlにブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 edit

 

CmsAgentTemplate1006-1013 ver1.0