アロマ精油[ハーブ系] : アロマはじめの一歩!アロマテラピーリンク集

アロマ精油[ハーブ系]

イランイラン

イランイラン
学名:Cananga odorata
科名:バンレイシ科
抽出する部位:花

香り:フローラルでエキゾチック、重く甘い、魅惑的な香り、官能的で異性を魅了します

体に対する働き:
ホルモンのバランスをとります。(子宮の強壮、乳房の引き締め、催淫、冷感症、インポテンツ)
循環器を鎮静する働きがあります。(速すぎる呼吸、高い血圧)

肌に対する働き:
皮脂のバランスをとり、肌を美しく保ちます。
抜け毛、髪の毛の育成を助けます。

心に対する働き:ストレス、不安、怒り、恐怖の感情に襲われた時など、リラックスさせゆっくり感情をときほぐしてくれます。
喜びの感情を呼び戻します。
相性のよい精油:オレンジ、グレープフルーツ、サンダルウッド、シトロネラ、ジャスミン、ネロリ、ベルガモット、ラベンダー
レモン、ローズウッド
注意事項:高濃度・長時間の使用は頭痛と吐き気を起こすことがあります。
敏感肌の人や妊娠初期は避けましょう。

クラリセージ

クラリセージ
学名:Salviascarea
科名:シソ科
抽出する部位:葉と花
香り:ハーブ調で草っぽく苦味のある香り

体に対する働き:
喘息、咽喉の痛みの改善に効果があります。
精神的なストレスが原因と思われる頭痛、偏頭痛、筋肉の緊張を緩和します。
ホルモンのバランスをとる働きがあります。(月経トラブル、子宮の強壮、生殖能力の向上、更年期障害)
分娩を促進し、リラックスさせ、産後の抑鬱をやわらげます。

肌に対する働き:
フケを抑え、抜け毛予防や育毛効果があります。
むくみに効果的です。

心に対する働き:
精神疲労を回復し、リラックスさせ、幸福感をもたらします。
怒り、ヒステリー、パニック、恐怖感など、極度の緊張感から解放してくれます。

相性のよい精油:
グレープフルーツ、サイプレス、サンダルウッド、ジャスミン、ゼラニウム、ベルガモット、ラベンダー

注意事項:
物事に集中することが困難になります。アルコール飲料を摂取すると吐き気に襲われます。
多量使用すると頭痛を起こす原因になります。
妊娠中はさけましょう。

セージ

セージ
学名:Salviaofficinalis
科名:シソ科
抽出する部位:花と葉

香り:
ハーブ調で鋭い、苦味のあるくっきりとした香り

体に対する働き:
女性のホルモンに役立ちます。(更年期、月経周期の正常化、不妊症)
風邪、カタル、気管支炎の症状を和らげます。
筋肉痛や肩こりの解消に役立ちます。

肌に対する働き:
収斂作用と傷跡の再生をする作用があります。(ただれ、皮膚炎)

心に対する働き:
疲労感や、悲しい状態に効果を発揮します。

相性のよい精油:
オレンジ、ゼラニウム、ベルガモット、ラベンダー、ローズマリー

注意事項:
妊娠中は避けましょう。

ペパーミント

ペパーミント
学名:Menthapiperita
科名:シソ科
抽出する部位:葉と花の咲いた先端部分

香り:
強くしみとおるような鋭いメントールのスっとした香り

体に対する働き:
消化不良、胸やけ、下痢、便秘、乗り物酔いなどにもよいとされています。
冷却効果と鎮痛効果があるので、頭痛、筋肉痛、リウマチなどに役立ちます
鼻づまりにも有効です。

肌に対する働き:
かゆみ、炎症、日焼けを緩和します。
にきびや脂性肌向きです。

心に対する働き:
怒った時、ヒステリーをおこしたときに好転させてくれます。
刺激を与えて、気持ちを引き締めてくれます。

相性のよい精油:
サイプレス、シダーウッド、マージョラム、マンダリン、ラベンダー、ローズマリー

注意事項:
妊娠中は避けましょう。

マージョラム

マージョラム
学名:Origanummajorana
科名:シソ科
抽出する部位:葉、花の先端

香り:
温かみがあり、マイルドなかるくスパイシーでしみとおるような香り

体に対する働き:
筋肉痛、リウマチ痛、関節部分の腫れなどに効果的です。
心臓の強壮剤。
頭痛や不眠症にも役立ちます。

肌に対する働き:
血液の流れを促す力があるので、挫傷のあとに有効です。

心に対する働き:
神経を穏やかにして、不安やストレスの影響を緩和します。
興奮を抑えて気持ちを楽に落着かせてくれます。

相性のよい精油:
イランイラン、オレンジ、カモミール、サイプレス、シダーウッド、ベルガモット、マンダリン、ラベンダー、ローズウッド、ローズマリー

注意事項:
妊娠中は避けましょう。
眠気を及ぼす可能性があるので、長時間の使用は避けます。

ローズマリー

ローズマリー
学名:Rosmarinusofficinalis
科名:シソ科
抽出する部位:葉、花

香り:
クリアでしみとおるような、リフレッシュさせる強い香り

体に対する働き:
頭痛や偏頭痛に有効です。
風邪、喘息、慢性気管支炎の症状に役立ちます。
利尿作用があるので、むくみの対策になります。

肌に対する働き:
収斂作用があり、むくみやたるんだ肌を引き締めます。
髪を美しく保ち、フケを抑える働きがあります。

心に対する働き:
脳を活性化するので、集中力や記憶力を増進させます。
精神的な過労、無気力に効果があります。

相性のよい精油:
オレンジ、グレープフルーツ、シダーウッド、ゼラニウム、フランキンセンス、ペパーミント、マンダリン、レモングラス

注意事項:
妊娠中は避けましょう。

アンジェリカルート

アンジェリカルート
学名:Angelica archangelica
科名:セリ科
抽出する部位:種子と根

香り:
甘くてスパイシーハーブ調の香り

体に対する働き:
抵抗力を高めてくれます。
去痰作用があり、慢性気管支炎などに有効です。

肌に対する働き:
さまざまな肌のトラブルに役立ちます。

心に対する働き:
ストレスや疲労感を和らげます。
弱った精神を安定させ、困難な問題にたちむかう力を与えます。

相性のよい精油:
カモミール、グレープフルーツ、ゼラニウム、バジル、マンダリン、ラベンダー、レモン

注意事項:
妊娠中は避けましょう。
敏感肌には刺激をおよぼすことがあります。

イモーテル

イモーテル
学名:Helichrysum italicum
科名:キク科
抽出する部位:花

香り:
甘い香りの中にスパイシーな感じがある、ウッディな香り

体に対する働き:
熱を伴う風邪、気管支炎、せき、喘息などに役立ちます。
リウマチや、頭痛、片頭痛の痛みを緩和してくれます。

肌に対する働き:
にきび、皮膚炎、おできの治りを助けます。

心に対する働き:
ショック、恐れなどの心のしこりを取り除いてくれます。
落ち着きを与えてくれます。

相性のよい精油:
オレンジ、カモミール、ゼラニウム、ベルガモット、マンダリン、ヤロウ、ラベンダー、レモン、
ローズウッド、
注意事項:
妊娠中は避けましょう。
敏感肌には刺激をおよぼすことがあります。

オレガノ

オレガノ
学名:Origanum vulgare
科名:シソ科
抽出する部位:葉と花の咲いた先端部分

香り:
ウッディーで、軽くスパイシーな香り

体に対する働き:
消火器系の不調に役立ちます。
風邪、気管支炎を改善します。

肌に対する働き:
殺菌作用があります。

心に対する働き:
気病や精神病に役立つといわれています。

相性のよい精油:
アンジェリカ、イランイラン、サイプレス、ゼラニウム、バジル、フェンネル、マートル、
レモングラス、ローズマリー

注意事項:
妊娠中は避けましょう。
敏感肌には刺激をおよぼすことがあります。

キャロットシード

キャロットシード
学名:Daucus carota
科名:セリ科
抽出する部位:種子

香り:
軽い甘さがある土ぽい香り

体に対する働き:
月経の周期を正常にし、不妊症に役立ちます。

肌に対する働き:
しわ、シミを改善します。

心に対する働き:
ストレスを和らげ、疲労感を取り除いてくれます。

相性のよい精油:
オレンジ、ジュニパー、ネロリ、バーベナ、プチグレン、ベルガモット、メリッサ、ライム、
ラベンダー、レモン、ローズマリー

注意事項:
衣類につくと落ちないことがあります。

ゲットウ

ゲットウ
学名:Alpinia supesiosa
科名:ショウガ科
抽出する部位:葉

香り:
すっきりとさわやかな緑とレモンを思わせる香り

体に対する働き:
血圧をさげる働きがあります。

肌に対する働き:
収斂作用があるので、肌を引き締めます。

心に対する働き:
不安やストレスを軽減し、リラックスさせてくれます。

相性のよい精油:
クラリセージ、ペパーミント、ローズマリー

サントリナ

サントリナ
学名:Santolina chamaecyparissus
科名:キク科
抽出する部位:種子

香り:
スパイシーでりんごのような香り

体に対する働き:
虫除けや、有毒な虫に刺された時にも役立ちます。
咳や喘息の症状を緩和します。

心に対する働き:
リフレッシュさせる作用があります。

相性のよい精油:
オレンジ、カモミール、マンダリン、ラベンダー

注意事項:
妊娠中は避けましょう。

スペアミント

スペアミント
学名:Mentha spicata
科名:シソ科
抽出する部位:葉

香り:
甘く透明感のある香り

体に対する働き:
吐き気や便秘、下痢の症状を緩和します。
口臭に有効です。

肌に対する働き:
jかゆみを抑え、かさぶたをきれいになおすとも言われています。

心に対する働き:
疲れた気持ちをリフレッシュさせてくれます。

相性のよい精油:
グレープフルーツ、バジル、ボダイジュ、ローズマリー

注意事項:
妊娠中は避けましょう。
刺激をおよぼすことがあります。

セロリ

セロリ
学名:Apium graveolens
科名:シソ科
抽出する部位:種子

香り:
フレッシュでスパイシーな香り

体に対する働き:
リウマチ関節炎、痛風に役立ちます。

肌に対する働き:
むくみを緩和させます。

心に対する働き:
神経上の障害に役立ち、不眠など改善します。

相性のよい精油:
アンジェリカ、オレンジ、カモミール、グレープフルーツ、バジル、バーベナ、パルマローザ、
レモン、ローズマリー

注意事項:
刺激をおよぼすことがあります。

セントジョーンズワート

セントジョーンズワート
学名:Hypericum perforatum
科名:オトギリソウ科
抽出する部位:花と葉

香り:
落着いた香り

体に対する働き:
不眠を改善します。
痛みを和らげます。

肌に対する働き:
やけどや切り傷に有効です。

心に対する働き:
憂鬱な気分を落着かせてくれます。

相性のよい精油:
イランイラン、ゼラニウム、ベチバー、ローズ、レモン

タイム

タイム
学名:Thymus vulgaris
科名:シソ科
抽出する部位:花と葉

香り:
甘みのある強い香り

体に対する働き:
気管支系の痛みや炎症を好転させます。
膀胱炎に有効です。

肌に対する働き:
ふけや脱毛に有効です。

心に対する働き:
記憶と集中力を向上させます。
気分を明るくさせます。

相性のよい精油:
カモミール、シダーウッド、ジュニパー、ティートリー、ローズマリー

注意事項:
刺激をおよぼすことがあります。

タラゴン

タラゴン
学名:Artemisia dracunculus
科名:キク科
抽出する部位:全草

香り:
スパイシーな香り

体に対する働き:
利尿作用を促し、体を浄化する作用があるといわれています。
神経痛、筋肉痛、月経痛などの痛みを和らげます。

心に対する働き:
心に活気を与えます。

相性のよい精油:
アンジェリカ、カモミール、キャロットシード、クラリセージ、ジュニパー、パイン、バーベナ、
マンダリン、ライム、ラベンダー

注意事項:
刺激をおよぼすことがあります。

ディル

ディル
学名:Anethum graveolens
科名:セリ科
抽出する部位:種子

香り:
ほとんど草のような香り

体に対する働き:
便秘の症状を緩和します。
口臭を消します。

心に対する働き:
ショックを緩和し、感情を明るくさせます。

相性のよい精油:
オレンジ、コリアンダー、サイプレス、ゼラニウム、プチグレン、ベルガモット、マートル、
マンダリン、ローズマリー

注意事項:
妊娠中は避けましょう。

バジル

バジル
学名:Ocinum basilicum
科名:シソ科
抽出する部位:葉

香り:
くっきりとしたスパイシーな香り

体に対する働き:
頭痛、片頭痛を和らげます。

肌に対する働き:
虫刺されに役立ちます。

心に対する働き:
精神的に弱っている時に、神経を強壮にしてくれます。

相性のよい精油:
クラリセージ、サンダルウッド、ゼラニウム、ネロリ、バーベナ、ヒソップ、ブラックペッパー、
ベルガモット、ラベンダー

注意事項:
妊娠中は避けましょう。
刺激をおよぼすことがあります。

パセリ

パセリ
学名:Petroselinum sativum
科名:セリ科
抽出する部位:種子

香り:
スパイシーな草の温かさを感じる香り

体に対する働き:
利尿剤として役立つので、膀胱炎や尿路結石に役立ちます。
リウマチや関節炎を緩和させます。

肌に対する働き:
頭皮と毛髪の生長を促します。

心に対する働き:
神経が苛立っているときに、気分を鎮めます。

相性のよい精油:
オレンジ、マージョラム、マンダリン、ライム、ラベンダー、ローズマリー

注意事項:
妊娠中は避けましょう。
刺激をおよぼすことがあります。

ハッカ

ハッカ
学名:Mentha arvensis L.M.piperita L
科名:シソ科
抽出する部位:草

香り:
すがすがしいさわやかな香り

体に対する働き:
筋肉の痛みに役立ちます。

相性のよい精油:
クラリセージ、グレープフルーツ、サイプレス、ペパーミント、ベルガモット

注意事項:
妊娠中は避けましょう。
刺激をおよぼすことがあります。

バレリアン

バレリアン
学名:Valeriana officinalis
科名:オミナエシ科
抽出する部位:根

香り:
樹の香り

体に対する働き:
頭痛に役立ちます。
感染症の予防に有効です。

心に対する働き:
不眠症を改善し、ヒステリーを落着かせます。

相性のよい精油:
シダーウッド、サイプレス

注意事項:
多量、長期の使用は避けましょう。

ヒソップ

ヒソップ
学名:Hyssopus officinalis
科名:シソ科
抽出する部位:葉と花の咲いた先端部分

香り:
温かく甘みがあり、さわやかな香り

体に対する働き:
循環器系を正常化させます。
感染症に役立ちます。
生理中のむくみを抑えます。

肌に対する働き:
傷跡の治りを促します。

心に対する働き:
悲しみや心の傷を癒します。

相性のよい精油:
アンジェリカ、オレンジ、セロリ、タンジェリン、フェンネル、メリッサ、ラベンダー、ローズマリー

注意事項:
妊娠中は避けましょう。
使用量や、長時間の使用は注意してください。

ミモザ

ミモザ
学名:Acasia decurrens
科名:マメ科
抽出する部位:花

香り:
ゴージャス感のある花の香り

体に対する働き:
月経前緊張症候群、不安症、ストレスによる症状を和らげます。

心に対する働き:
元気づけられ、優しい気持ちになります。

相性のよい精油:
コリアンダー、シダーウッド、ゼラニウム、ネロリ、ローズ、レモン

注意事項:
香りが強いので控えめにしようしてください。

ヤロウ

ヤロウ
学名:Achillea millefolium
科名:キク科
抽出する部位:花と葉

香り:
さわやかな甘さにスパイシーな香り

体に対する働き:
血液の循環をよくするので、体全体の強壮剤になります。
月経周期を正常化し、更年期障害を緩和します。

肌に対する働き:
蚊をよせつけません。

心に対する働き:
気力が衰えた時に役立ちます。

相性のよい精油:
アンジェリカ、クラリセージ、ジュニパー、タラゴン、バーベナ、メリッサ、レモン、ローズマリー

注意事項:
妊娠中は避けましょう。
刺激をおよぼすことがあります。

ラベンサラ

ラベンサラ
学名:Ravensara aromatica
科名:クスノキ科
抽出する部位:花と葉

香り:
シャープなさわやかな香り

体に対する働き:
感染症を防ぎます。
呼吸器系の痛みや炎症を緩和します。

心に対する働き:
疲れた心や、落ち込んだ気持ちを和らげます。

相性のよい精油:
タイム、ユーカリ、ラベンダー、ローズマリー

リツェアクベバ

リツェアクベバ
学名:Litsea cubeba
科名:クスノキ科
抽出する部位:果実

香り:
甘い柑橘的でフレッシュな香り

体に対する働き:
消化を刺激促進し、吐き気を好転させ、食欲を促します。
心臓と呼吸器系の強壮剤になります。

肌に対する働き:
皮脂のバランスをとります。

心に対する働き:
気分を高揚させます。

相性のよい精油:
イランイラン、オレンジ、グヤックウッド、ゼラニウム、ネロリ、バジル、バーベナ、プチグレン、
ラベンダー、ローズマリー

注意事項:
刺激をおよぼすことがあります。

リンデン

リンデン
学名:Tilia europaea
科名:シナノキ科
抽出する部位:花、苞

香り:
スパイシーでソフトな甘い香り

体に対する働き:
頭痛や偏頭痛、神経痛を改善します。
貧血症を緩和します。

肌に対する働き:
シワやシミそばかすを防ぎます。
髪の毛の成長を促します。

心に対する働き:
とてもリラックス効果が高く、心地よい眠りを促します。

相性のよい精油:
イランイラン、グレープフルーツ、ジャスミン、ベンゾイン、ラベンダー、ローズ

注意事項:
刺激をおよぼすことがあります。

レモンバーベナ

レモンバーベナ
学名:Lippia citriodora
科名:クマヅラ科
抽出する部位:葉

香り:
クールな中に、甘さを加えたような香り

体に対する働き:
吐き気や、消化不良に役立ちます。

肌に対する働き:
皮脂のバランスをとります。

心に対する働き:
気持ちをリラックスさせます。

相性のよい精油:
イランイラン、カモミール、グレープフルーツ、ゼラニウム、ネロリ、パルマローザ、ベルガモット、
ライム、ラベンダー、ローズマリー

注意事項:
刺激をおよぼすことがあります。

このカテゴリーをはてなブックマークする このカテゴリーをクリップ! del.icio.usに追加 Buzzurlにブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 edit

 

CmsAgentTemplate1006-1013 ver1.0