アロマ資格一覧 : アロマはじめの一歩!アロマテラピーリンク集

アロマ資格一覧

アロマテラピー検定2級(日本アロマ環境協会(AEAJ)主催)

アロマテラピーを自分で楽しみ、健康維持の為の知識が問われます。

2級試験の内容
 ・アロマテラピー利用法
 ・安全のための注意
 ・精油のプロフィール(対象10種類)
 ・精油の基礎知識
 ・アロマテラピーの歴史 など


解答はすべて選択式。
エッセンシャルオイル(精油)の香りをあてる問題も数問出題されます(選択式)。

試験実施
年2回(5月、11月)
全国の主要都市(札幌、仙台、東京、金沢、名古屋、大阪、広島、松山、福岡、沖縄)

1級と2級は同じ日に併願も出来ますし、2級をとばして1級だけ受けることもできます。


詳しくは日本アロマ環境協会(AEAJ)

アロマテラピー検定1級(日本アロマ環境協会(AEAJ)主催)

2級の内容に加えアロマテラピーを周囲の人達と楽しみ、健康維持の為の知識が問われます。

1級試験の内容 
 ・アロマテラピー利用法と基材
 ・精油のプロフィール(対象20種類(2級と10種は重複) )
 ・精油の働くしくみ
 ・アロマテラピーに関係する法律 など


解答はすべて選択式。
エッセンシャルオイル(精油)の香りをあてる問題も数問出題されます(選択式)。

試験実施
年2回(5月、11月)
全国の主要都市(札幌、仙台、東京、金沢、名古屋、大阪、広島、松山、福岡、沖縄)

1級と2級は同じ日に併願も出来ますし、2級をとばして1級だけ受けることもできます。


詳しくは日本アロマ環境協会(AEAJ)

AEAJ認定 アロマテラピーアドバイザー(日本アロマ環境協会(AEAJ)主催)

精油、その他の材料の利用法やリラクゼーション、リフレッシュなどのアロマテラピーの効用の知識を持ち、安全性や法律面から正しく社会に伝えることのできる能力を認定する資格です。
販売にたずさわったり、一般の人に安全なアロマテラピーをアドバイスするために適した資格です。

アロマテラピー検定1級合格後、AEAJに入会し、アロマテラピーアドバイザー認定講習会を受講し登録手続きをすれば認定されます。

詳しくは日本アロマ環境協会(AEAJ)

AEAJ認定 アロマテラピーインストラクター(日本アロマ環境協会(AEAJ)主催)

一般の人々が家庭や地域社会で安全で、正しくアロマテラピーを実践できるように、必要な知識や方法を専門家として指導できる能力を認定する資格です。地域での文化教室や専門スクールの講師として、またはボランティアとして、教育活動に携わるために適した資格です。
アロマテラピーアドバイザー資格取得者が、アロマテラピーインストラクター試験を合格後、登録手続きをすると認定されます。


詳しくは日本アロマ環境協会(AEAJ)

アロマコーディネーターライセンス(JAA日本アロマコーディネーター協会主催)

・ライセンスの取得方法
JAAが指定するスクールの所定のカリキュラムを修了し、JAAが実施するアロマコーディネーターライセンス認定試験に受験し、JAAの正会員として登録をしなければなりません。

ライセンス所得の流れ(指定スクール受講生)の場合

受験手続:受験資格として指定スクール所定カリキュラム修了生対象

認定試験:理論試験及び小論文

合格:正会員登録手続

ライセンス認定:アロマコーディネーターライセンス認定証を授与

会員登録:JAA正会員証、会員規約を送付

試験は、アロマセラピーの全般的な知識及び技術の習得が問われ、理論試験と小論文。

試験実施
年3回(2月、6月、10月の3回を予定)


詳しくはJAA日本アロマコーディネーター協会

アロマ・アドバイザー(ナードアロマテラピー協会主催)

アロマテラピーに関する仕事でアドバイスできる能力を認定する資格です。
アドバイザーコースの基礎、応用コースを受講し、アドバイザー試験合格後登録手続きをします。


詳しくはナードアロマテラピー協会

アロマ・インストラクター(ナードアロマテラピー協会主催)

アロマテラピー教室の講師や専門家としての能力を認定する資格です。
アドバイザーの資格を所得し、インストラクターコースを受講した後、インストラクター試験合格後に登録手続きをします。

詳しくはナードアロマテラピー協会

JFAA検定2級(JFAA日仏フィト・アロマテラピー協会主催)

自分でアロマテラピーを実践する基礎的知識の精油やアロマテラピーの基本的特徴、精油の抽出方法やケモタイプの概念を検定します。特にセルフケアに必要な知識がもとめられます。

2級検定試験の内容
・精油の一般的な特徴とフランスメディカルアロマテラピーの基礎
・芳香分子の基本とその分類
・日常的に使用される12種類の精油の性質、芳香成分の構成、作用特性、利用法

以上の内容について理解していることを検定します。


試験は選択問題と記述問題。
会員、非会員問わず、希望する方はどなたでも受検できます。


詳しくはJFAA日仏フィト・アロマテラピー協会

JFAA検定1級(JFAA日仏フィト・アロマテラピー協会主催)

家族や友人にアロマテラピーを活用するための応用的な知識がもとめられます。2級検定で修得した精油やアロマテラピーの基本的情報を踏まえ、安全なアロマテラピーを実践し、その楽しさ、素晴らしさを伝えるための適切な知識を持っているかがもとめられます。
同じ日に実施される2級と1級の検定を同時に受験は可能ですが、2級に合格していない方の1級合格は認められません。

1級検定試験の内容
・安全なアロマテラピーのために
・ベースオイル
・芳香分子の基本とその分類
・日常的に使用される12種類の精油の性質、芳香成分の構成、作用特性、利用法

以上の内容について理解していることを検定します。

試験は選択問題と記述問題。
会員、非会員問わず、希望する方はどなたでも受検できます。


詳しくはJFAA日仏フィト・アロマテラピー協会

通信教育(日総研)

日総研 米国アロマセラピー&ハーバルスタディ研究所認定
http://www.nissoken.com/tukyo/651/

特色
医療や福祉などの現場で、今注目されているアロマテラピ-。
専門的な知識と技能を学び、効能や危険性の両面に対応できるセラピストとしての
認定資格を取得する通信教育です。

こんな方へ
・アロマテラピーを基礎から学びたい
・精油の香りを楽しみたい
・専門的な知識を仕事に活かしたい

このカテゴリーをはてなブックマークする このカテゴリーをクリップ! del.icio.usに追加 Buzzurlにブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 edit

 

CmsAgentTemplate1006-1013 ver1.0